今のこの世は暗がり峠。一筋の光を見出すべく、ふるっちが箴言します。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
page top
F1開幕! 中嶋Jr.初ポイント獲得
やはり今年もハミルトンが強いようです。
開幕戦で、あっさりと優勝してしまいました。
表彰台にもあがることが出来なかったアロンソとは対照的な開幕でした。

しかし、なんといっても日本での話題は、あの中嶋悟の2世、中嶋一貴です。
ヨーロッパでは、高評価を得るほどの実力者で、今年の活躍が期待されています。
そして、開幕戦、なんと7位入賞で2ポイントをゲットしました!
完走9台というサバイバルレースに生き残ったことを評価したいです。
20年前、中嶋悟に夢を馳せたものですが、今、再び、期待に胸は膨らむ一方です。


=yahoo記事引用=
波乱のオーストラリアGP、優勝はハミルトン、中嶋が初ポイント獲得!
3月16日15時33分配信 TopNewsレース速報


2008年F1第1戦オーストラリアGPが3月16日(日)、アルバート・パーク・サーキット(1周/5.303km、16日決勝58周/307.574km)で3日目をむかえ、現地時間15時30分(日本時間13時30分)から決勝が行われた。

前日の予選では、チャンピオンの最有力候補とみなされているキミ・ライコネン(フェラーリ)のマシンにトラブルが発生。

さらに、ギアボックスの交換で5番グリッド降格が決定していたティモ・グロック(トヨタ)に、予選でのマーク・ウェバー(レッドブル)への妨害行為があったとの判断が下され、グロックはさらに5つグリッドを落とすこととなった。

最終的に、ポールポジションからスタートするのはルイス・ハミルトン(マクラーレン)、2番手ロバート・クビサ(BMWザウバー)、3番手ヘイキ・コバライネン(マクラーレン)、4番手フェリペ・マッサ(フェラーリ)。

ライコネンは15番手から、グロックは18番手からのスタートとなった。今季からフル参戦を果たした中嶋一貴(ウィリアムズ)は13番手からのスタート。マシンを交換したエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)はピットスタートとなる。

夏も終わろうとしているオーストラリアの天候は快晴。気温37度、路面温度51度で今季最初の戦いが幕を開けた。

スタート後の1コーナーではいきなりの混戦。トップ3の順位はそのままだが、4番手マッサが他車にはじかれ、大きく順位を落とす。その一方、後方スタートのライコネンは中位集団の混乱の中、一気に順位を上げた。さらに、準備不足から苦戦だった佐藤琢磨(SUPER AGURI)も、機を見て19番手から10番手まで浮上。

この混乱により、オープニングラップから早々にセーフティカーが導入された。レースは3周目から再開されたが、その直後に接触によりマシンをいためたジェンソン・バトン(HONDA)がリタイア。今季復調の手ごたえを感じていたHONDA勢だけに、残念なリタイアとなった。

この後、ハミルトンが悠々とリードを広げる中、21周目には、ポイント圏内の6番手を堅守していたヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)がリタイア。さらには、26周目にマッサがデビッド・クルサード(レッドブル)に衝突。クルサードはリタイアとなり、コースに散らばった破片を片付けるために再びセーフティカーが導入された。

30周目にレースが再開されると、ピットにも入らず、摩耗してきたタイヤでじっとレースを続け、3番手まであがってきていたライコネンが、2番手を走る同郷フィンランド出身のコバライネンにしかける。

フェラーリ対マクラーレンで激しく競り合い、ついにライコネンが前に出たかと思われたが、ライコネンはここで大きくコースアウト。直後にライコネンのチームメート、マッサがスローダウンし、そのままリタイアと、フェラーリにとっては痛い開幕戦となった。

その後、激戦をしのぎ11番手を走行していた琢磨がマシンを止め、リタイア。アンソニー・デビッドソンも序盤にリタイアしており、SUPER AGURIは健闘も目標としていた完走を果たせなかった。33周目のこのリタイアにより、22台で始まったレースはついに半分の11台に。この時点で残っている日本勢はウィリアムズの中嶋、HONDAのバリチェロ、トヨタのグロック。

しかし、45周目にトヨタの新人、グロックがコーナーを曲がりきれず、高速のまま大きくコースオフ。コース脇の段差に跳ね上げられ、激しくスピンしてウオールに衝突した。

47周目、残り10人でレースが3度目に再開された直後、ポイント目前だった中嶋とBMWザウバーのクビサが接触。これによりクビサがリタイアとなり、中嶋はノーズを交換している。また、しぶとくレースを戦い続けたライコネンだったが、この頃からエンジン音に明らかな異変が起こる。大きくペースを落としながら、それでも走り続けたライコネンはピットレーン入り口でついにストップ。奇しくも前日の予選と同じようなリタイアとなった。

残り3周で生き残りは8人。しかしレースはそのままでは終わらず、念願のF1デビューを果たし、4位という目覚しいポジションで走り続けていたトロ・ロッソのボーデがマシントラブルでリタイア。さらに、残り1周でルノーに移籍したアロンソをマクラーレンのコバライネンが抜き去るが、直後にアロンソがポジションを奪い返す。

3度セーフティカーが導入され、最後まで目が離せない大混戦のバトルロワイヤルを制したのは、一人余裕のレース運びを徹底してみせたハミルトンだった。

2位以下は次の通りだった。
2位にニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、3位にニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、4位にフェルナンド・アロンソ(ルノー)、5位ヘイキ・コバライネン(マクラーレン)、6位ルーベンス・バリチェロ(HONDA)、7位中嶋一貴(ウィリアムズ)、8位セバスチャン・ボーデ(トロ・ロッソ)、9位キミ・ライコネン(フェラーリ)。

レースの最後まで走ることができたのは、実に7台。ボーデとライコネンは規定の周回数を走っているため、完走扱いとなる。

レース終了後、6位でレースを終えたバリチェロは、ピットレーン出口の赤信号無視をしたため失格処分が言い渡された。これで、中嶋が6位、ボーデが7位、9位だったライコネンが8位で1ポイントを手にした。

混乱の開幕戦を終え、第2戦マレーシアGPは次週に開催される。マレーシアGPフリープラクティス1回目は3月21日(金)、現地時間10時(日本時間11時)スタートする。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080316-00000014-fliv-moto

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
© ふるっち箴言. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG