今のこの世は暗がり峠。一筋の光を見出すべく、ふるっちが箴言します。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
page top
安室 9年3カ月ぶりにオリコン1位獲得
よかったね、アムロちゃん。
と、思わず言ってしまうニュースです。

13年前のデビュー以来、アイドルのトップを走り続けたものの、
結婚-離婚を機に急速に人気を落としながらも、数年間、地道に活動を続けての今回の1位獲得には、本人も格別のものがあることでしょう。

もともと、ダンスと歌唱力には定評があり、またファッションセンスも、アムラー現象を引き起こしたほど、並外れたものを持っていました。
今回の人気再燃は、起こるべきものではありましたが、本人の努力に拍手を送りたいですね。


=yahoo記事引用=
安室9年3カ月ぶりにオリコン1位獲得
3月25日10時29分配信 デイリースポーツ

 歌手・安室奈美恵(30)のニューシングル「60s70s80s」が3月31日付オリコンチャートで1位を獲得することが24日、分かった。安室にとっては「I HAVE NEVER SEEN」以来、実に9年3カ月ぶりの1位。シングルの1位獲得は10作目。同時に女性アーティスト部門で14年連続シングルトップ10入りという記録も更新し、実力者ぶりを見せつける形となった。
  ◇  ◇
 発売2週目での1位獲得となった。3月24日付のシングルチャートでは関ジャニ(エイト)の「ワッハッハー」に及ばずの2位発進だったが、2週目で順位がアップするのは根強い人気の証しとも言える。
 「60s-」のランクインで、女性アーティスト部門で14年連続シングルトップ10入りとなり、自身の持つ歴代1位の記録を更新した(2位は、小泉今日子、工藤静香の12年連続)。9年余り、1位とならなかったのがむしろ意外なほどだ。
 90年代に小室プロデュースで大ブレークした安室。初めて1位を獲得したのは95年に発売した「Chase the Chance」だった。その後も着実に積み重ね、「60s-」でシングルの1位獲得は10作目となった。ブレーク当初は「アムラー」に代表されるようにアイドル的な人気ばかり注目されていたが、大人になるにつれて高い音楽性も評価されるようになった。
 「60s70s80s」は安室とヘアケアブランド「ヴィダル・サスーン」がコラボレートして制作したシングル。1960年代のシュープリームスのヒット曲「Baby Love」を「NEW LOOK」に、70年代のアレサ・フランクリンの「Rock Steady」を「ROCK STEADY」に、80年代のアイリーン・キャラの「What a feeling」を「WHAT A FEELING」にそれぞれリメーク。
 各時代の雰囲気を醸し出したプロモーションビデオも話題になっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080325-00000006-dal-ent

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
© ふるっち箴言. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG