今のこの世は暗がり峠。一筋の光を見出すべく、ふるっちが箴言します。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
page top
元若ノ鵬「八百長してない」
元若ノ鵬「八百長してない」

こうなってしまっては、この力士も
終わりでしょうね。

もう誰もこの力士の言うことを
信じることが出来ないでしょう。

本人も述べてるように、
スピード出世により有頂天になってしまっていたんでしょうね。

しかし、週刊現代のコメントにも、
今後真意の確認が必要となってくるでしょうね。
元若ノ鵬の更なるウソの上塗りなのか、
はたまた、週刊現代の責任逃れなのか
見ものです。


<yahoo記事引用>
元若ノ鵬「八百長してない」 週刊誌に嘘の告白 東京地裁に陳述書
11月27日20時49分配信 産経新聞

 大相撲の八百長疑惑に関連し、講談社発行の「週刊現代」の記事で現役力士の実名をあげて八百長を告発したロシア出身の元幕内力士、若ノ鵬(20)=本名・ガグロエフ・ソスラン=が、日本相撲協会を相手取り解雇無効を訴え地位確認を求め東京地裁に起こした訴訟で、「八百長したことはない。だまされて証言した」とする内容の陳述書を提出していたことが27日、分かった。若ノ鵬は記事で「年上の関取衆から八百長を強要された。何度も断ったけどやるしかなかった」と証言していた。

 陳述書によると、取材を仲介した人物に「親方や他の力士から八百長を強要されたといえば、悪い親方や力士を責め立てることができ、角界に戻れる」と言われ、9月末に行われた同誌の取材や会見でうそを告白。しかし、その後も解雇が撤回されなかったため、同誌に記事や発言の撤回を求めたところ「取り消せない」と断られたという。

 その上で「仲介者と週刊現代にだまされた」とするとともに、実名を挙げた力士に「本当に迷惑をかけました」と謝罪。大麻所持については「スピード出世で有頂天になっていた」と反省の言葉を連ねている。

 週刊現代は「若ノ鵬本人に確認したが、『(八百長を否定する)陳述はしていない』と否定した。事実関係を繰り返し精査したうえで記事化している」と反論している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081127-00000598-san-soci

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
© ふるっち箴言. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG