今のこの世は暗がり峠。一筋の光を見出すべく、ふるっちが箴言します。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
page top
渡辺喜美議員に自民党離党勧告?
渡辺喜美議員に自民党離党勧告?

先日の臨時国会での衆院解散要求決議案に賛成したら、
そのことだけで、意見が違うから自民党にいる意味がない
という発言はどうなんでしょうか。

今の自民党なんて、国民はソッポ向いてるわけでしょ?
それなら、この渡辺喜美議員の行ったことは、
国民目線という見方もできるじゃないですか。

ということは、公明党の高木陽介選対委員長は、
国民目線に立ててないということにはならないだろうか?

この人がいつも言うことは、
自民党と連立を組んでいるから、
これまで公明党の意見と違っていても
自民党の意見に賛成する、
という姿勢がにじみ出ています。

これは、高木議員本人に限ったことではなく、
公明党の体質のようにも思えます。

福祉の党?
ちゃんちゃらおかしい話しですよね。

あれだけ悪評高い官僚思考の後期高齢者制度を
未だにダメと認めないんですから、
公明党の本性出たり
という感じです。

そろそろ、政教分離についてきちんとした方が
いいんじゃないでしょうか?


yahoo記事引用
公明党の高木陽介選対委員長は27日午前のTBS番組で、先の臨時国会で民主党提出の衆院解散要求決議案に賛成した自民党の渡辺喜美元行政改革担当相について「離党すればいい。意見が違うのになぜ自民党にいるのだろう」と述べ、強く批判した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081227-00000037-jij-pol

外貨預金のこと
語学資格のこと
厚生年金のこと
スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
© ふるっち箴言. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG