今のこの世は暗がり峠。一筋の光を見出すべく、ふるっちが箴言します。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
page top
捕鯨船への攻撃、いい加減にしてほしい
環境保護団体、動物愛護団体、こういった団体はなくてはならない存在であることは十分に分かっています。しかし、団体によって程度の差があり過ぎます。

今回の捕鯨船に対して攻撃を繰り返す環境保護団体は、まさしく程度の低い方であります。
いわゆるテロリストなのですから。


=yahoo記事引用=
捕鯨船団狙う過激団体、豪・NZが”後方支援”
1月27日20時55分配信 産経新聞

 南極海でクジラの生態調査を行っている日本の捕鯨船団の動向が連日、世界に報道されている。船団を追う2つの環境保護団体がネットなどで自らの妨害活動を即時に広報し、捕鯨や日本の鯨文化への異議をアピールしているのだ。両団体に親近感を寄せる反捕鯨国のオーストラリアやニュージーランドと日本の関係にも、悪影響がもたらされている。今年、日本で行われる主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)の警備態勢にも、新たな懸念材料が出てきた。(佐々木正明)

 今月15日、捕鯨船第2勇新丸にシー・シェパード(SS)の活動家2人が乗り込んだ侵入劇。甲板には失明の危険もある悪臭弾が投げ込まれ、スクリューを停止させるためのロープが船の周りにまかれるなど緊迫化した。

 拘束時に「天ぷらを食べたい」とまで催促した活動家2人に、日本側は求めに応じた。SSのポール・ワトソン船長は日本の捕鯨船団を「人質を誘拐したテロリスト集団だ」とまで挑発。後に活動家を船に居座らせ、捕鯨活動を停止させる作戦であることが判明した。

 「衝突をエスカレートさせるのがわれわれの目的。日本人は完全にひっかかった。世界に日本の捕鯨の違法性をアピールできた」。ネットに掲載された声明だ。

 反捕鯨を掲げるSSはこれまでも、過激な活動を世界各国で繰り返してきた。アイスランドの捕鯨船の船底に穴をあけて沈めたこともある。米連邦捜査局(FBI)は「エコテロリスト」と断じている。

 ワトソン船長は「死者やけが人も出したことはないし、われわれの仲間が裁判で重罪を受けたこともない」と言う。しかし、水産庁によると、これまでの妨害行為が海上保安庁などに訴えられている。ワトソン船長は日本入国と同時に、威力業務妨害容疑などで事情聴取、立件される可能性もあるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080127-00000940-san-int

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
© ふるっち箴言. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG