今のこの世は暗がり峠。一筋の光を見出すべく、ふるっちが箴言します。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
page top
キムタク 次のドラマで総理大臣に!
キムタクのドラマは、これまで様々な評判を呼び、色んな職業も表現されてきてドラマを楽しませてくれました。

昨年の映画「HERO」では、検事という職業を身近なもので表現され、型破りな役柄ではあったものの、法曹界を広く知らしめる役割を果たしました。
また、「GOOD LUCK!」では、パイロットの素顔を、「エンジン」ではレーサーの苦悩をそれぞれ表現してくれました。

そして、今度は、ついに総理大臣役を演じるということで、今の福田氏の不甲斐なさを思いっきり見せつける、そんなドラマにして欲しいものです。


=yahoo記事引用=
35歳キムタク総理に転身!秘書深津
2月19日7時2分配信 スポーツニッポン

 SMAPの木村拓哉(35)がフジテレビで4月から放送の主演ドラマで、総理大臣役に挑戦することになった。これまで検事やレーサーなど多くの役を演じているが、政治家は初めて。月曜夜9時からの放送枠で、タイトルは未定。深津絵里(35)が秘書役で共演する。

 昨年大ヒットした映画「HERO」で型破りな検事を演じた木村が、ついに政界に“進出”する。「華麗なる一族」(07年、TBS)では財界の御曹司役に挑戦。レーサーやアイスホッケー選手など多様な役を演じているが、初の総理大臣役だ。

 政治に全く興味のなかった小学校教師が、ある事情から国会議員になり、さらには史上最年少の総理大臣にかつぎ出される物語。過去には「総理と呼ばないで」(97年、フジ)で田村正和(64)が53歳で総理大臣を演じているが、35歳での挑戦は異例。

 同局の後藤博幸プロデューサーは「リアリティーのあるエンターテインメントとして、魅力的な総理大臣を演じられるのは木村さんしかいない」と起用理由を説明。分からないことは分からないと言える庶民感覚を持った総理を描く。現実の政治では汚職事件が頻発、年金問題のゴタゴタなどで政治不信がまん延しているが、夢と希望にあふれる政治ドラマを目指すという。

 “素人総理”をサポートする野心家の秘書を演じるのは深津で、「空から降る一億の星」(02年)以来6年ぶりの共演。永田町の海千山千の政治家たちに翻ろうされながらも、より良い日本を目指して奮闘する。

 各局のドラマ視聴率が伸び悩む中、木村の出演作は常に20%台をキープ。昨年の「華麗なる一族」も平均23・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録している。フジの看板枠「月9」で、視聴率男が“高支持率”を維持できるかも注目される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080219-00000045-spn-ent

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
© ふるっち箴言. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG