今のこの世は暗がり峠。一筋の光を見出すべく、ふるっちが箴言します。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
page top
中国飛び込み界女王の暴言
記者会見で、「五輪でのライバルは誰ですか?」の問いかけに、「カナダのデブ」と答えたらしいです。

ん~、写真を見るときれいで知的な人に見えるのですが、残念ながらこの言動をする=人格を表しています。

北京オリンピックを前に、中国にとってはマイナスのニュースばかりが際立ってきますが、中国には国の知的発展を課題にしていただきたいですね。


=yahoo記事引用=
「ライバル?カナダのデブ」、飛び込み界の女王の暴言に批判集まる―北京市
2月26日23時7分配信 Record China

2008年2月25日、華商報は中国の美人アスリート、「女王」郭晶晶(グオ・チンチン)が傍若無人な態度で総スカンを食っていると報じた。

23日、飛び込みワールドカップ後の記者会見に応じた郭だが、気乗りしないのか、壇上で携帯電話をいじくったり、ネックレスのひもを直したりと内外の記者を前にやりたい放題。「五輪でのライバルは誰ですか?」との問いには、「ロシアのユリア・パハリナとカナダのデブ(ブライズ・ハートリー)」と答えるなど傍若無人な態度で記者たちをあ然とさせた。【 その他の写真 】

アテネ五輪金メダリストであり、なおかつ並はずれた美貌を持つ郭は中国でもトップクラスの人気を誇る「女王」。そのマナー違反は郭の恥となるだけではなく、中国の恥になるとして批判が相次いでいる。(翻訳・編集/KT)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080226-00000036-rcdc-cn

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
© ふるっち箴言. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG