今のこの世は暗がり峠。一筋の光を見出すべく、ふるっちが箴言します。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
page top
チューリップ切断 3度目
これらにかかわった人は、本当に心の腐った人だと思います。

何が楽しいの? 何がうれしいの?

食べ物である植物を刈り取るのとは訳が違います。
見て楽しむ植物の首根っこを切り落とすということなのです。

これを見た人が悲しむのを分かってするのか、ただやりたいからするのか。

「意図が分からず気持ち悪い」というコメントがありますが、
心の荒んだ人が、普通の人の感覚では理解できない行動に出ただけのことでしょう。

こういった人の刑罰は、毎日自らの首をちょん切られる夢を見せられるといったものにしてはいかがでしょう。

たかがチューリップの切断とはいえないこの行動。
厳重なる罰が必要です。


=yahoo記事引用=
前橋でまたチューリップ切断 3度目…「意図分からず気持ち悪い」
4月19日10時20分配信 産経新聞

 群馬県庁に近い前橋市中心街の路上で19日、プランターに植えられていたチューリップ約65本が切断されているのが見つかった。「第25回全国都市緑化ぐんまフェア」が開催されている同市内では今月に入って同様の被害が続いており、これで3回目、計約1915本となった。

 前橋署の調べでは、19日午前0時ごろ、同市大手町などの県庁前から東側約600メートルまでの国道や市道を中心に、同フェア用に路上に置かれているプランター18個から、チューリップ約65本がちぎられたり切られたりしているのを警戒中の署員が見つけた。犯行は18日午後10時半以降とみられる。
 同市内では9日に約1050本、14日には約800本のチューリップが切断されているのが見つかっており、同署では器物損壊容疑で捜査するとともに、深夜から早朝のパトロールを強化していた。同一犯の可能性もあるとみて調べる。
 同市では被害を知った富山県砺波市などから1000本以上のチューリップが贈られたばかり。今回、被害にあったのはこれらの花ではなかったが、19日朝に散歩をしていた会社員、関原信夫さん(54)は「意図が分からず気持ち悪いし、他県民のせっかくの思いを踏みにじる」と苦々しい顔で話していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080419-00000908-san-soci

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
© ふるっち箴言. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG